プロが教えるカーポート、
ガレージを設置する際の注意点

導入前に検討すべき3つのポイントとは

住宅の付随施設としては大型の部類で、コストも相応にかかるものだけにカーポートやガレージの導入はできるだけ慎重に検討したいところ。こちらでは東海・近畿エリアと関東エリアで完全オーダーメイドのガレージ・カーポート・車庫の販売施工を手がける株式会社中部住器が、プロの視点から見たガレージ設置の際の注意点をご紹介します。

1. 使用目的をはっきりさせることがファーストステップ

1. 使用目的をはっきりさせることがファーストステップ

一見、同じように見える既成品と中部住器のガレージですが、その性格はまったく異なります。雨風や直射日光から車を守りたい、といった実用本位の使用目的であれば、決まった形と用途の既成品で十分でしょう。
一方、自動車の手入れや整備など趣味を楽しむ空間として利用したい、高級車をいたずらや窃盗犯から守りたいといった明確な目的がある場合、また、雨天時の動線の確保やデットスペースの活用など利便性を求める場合は、ガレージがふさわしいと言えます。

中部住器のC&Jガレージがお客様のニーズをカタチにします

中部住器は、これまでに完全オーダーメイドのガレージ・カーポートを16,000棟以上施工してきた実績とノウハウがあります。そのため、台風や積雪などにも負けない高い耐久性により特殊な敷地形状にもフィットしたガレージ・カーポートをお届けすることができます。スマートでシンプルなものから趣味性や防犯性を追求したものまで、どのようなご希望でも私たちが実現します。

2. 車のサイズや台数に対し、敷地に余裕があるか確認する

2. 車のサイズや台数に対し、敷地に余裕があるか確認する

当然のことですが駐車スペースはお客様の敷地に対して限りがあります。サイズの大きな輸入車やRV車を複数所有しているのであれば、それだけ駐車スペースが必要になります。そのぶん敷地を圧迫することとなり、庭などのスペースが犠牲になってしまいます。

そこで考えなければいけないのが、限られた敷地の中でどれだけのスペースを確保できるのかという物理的条件です。どのような車種(小型車・大型車など)を何台駐車することとなるのか、現状はもちろん将来的にも考慮したうえでプランニングを行いましょう。

完全オーダーメイドの中部住器だからできること

中部住器がご提案するC&Jガレージは完全オーダーメイドなので、既成品ではカバーできない変形地や広い敷地にも柔軟に対応可能です。自由設計なので限られたスペースを有効活用でき、既成品では難しいような台数やサイズの自動車も十分収納することができます。 また、プランニング時に要望だけでなく今後の生活スタイルなどもヒアリングして生活がより快適になるようご提案いたします。

3. 強度・耐久性はその地域にふさわしいものか

3. 強度・耐久性はその地域にふさわしいものか

豪雪地帯や台風の通り道になっているような地域では、強度や耐久性も重要な要素です。製品では、地域にあわせて設計することもできないので、強度や耐久性が不十分で保証の対象外ということもありますのでご注意ください。

中部住器のC&Jガレージならその地域にあった性能・仕様を実現

既成品のカーポートでは、雪の重みや台風に負けてしまうこともあります。しかし、中部住器のC&Jガレージなら、その地域の気候特性などを加味して最終仕様を決定できるので、十分な強度と耐久性を確保できます。とくにC&Jガレージは、アルミと鉄の二重構造の骨組みやトラス構造を採用しているのできわめて頑丈です。

0120-739-758

お問い合わせ・無料相談